ノートパソコンが遅い理由

提供: TeaPot
移動: 案内, 検索

日本では、自宅にデスクトップ型のパソコンを置くスペースがないとか、部屋の中で持ち運ぶことがあるなどの理由で、ノートパソコンを購入する人が多くいます。

CPUやメモリが同じでも、2倍以上もノートパソコンが高いのは、狭いスペースに詰め込むための様々技術が投入されているからです。しかし、スピードはかなり遅くなってしまいます。

なぜ遅いのかというと、CPUの周波数が同じでも、ノートパソコン用の省電力仕様だったり、デスクトップ型のような、画面表示などを担当する専用の部品がスペースの都合で取り付けられていなかったり、ハードディスクのスピードもノートパソコン用のものは、小型化のためスピードは遅くなっています。あらゆる面で、性能が劣ります。

ノートパソコンとしては高機能なパソコンを購入しても、しばらくするとすぐに遅く感じるようになってしまいますが、デスクトップ型の場合は、部品を交換したり、追加するなどして、比較的長く使えることでしょう。購入時に浮いたお金を後日のパワーアップに回せると考えると二重にお得ではないでしょうか。

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
情報
ツール