未来のパソコン

提供: TeaPot
移動: 案内, 検索

パソコンが登場して以来のキーボード入力。音声入力も市販されてから結構経つのに、キーボードに代わるものではありませんでした。GUIになってからは、マウスが登場。ディスプレイは広くなるばかりで、マウスの移動距離も長くなります。それでもディスプレイの前には、キーボードとマウスが鎮座する光景があります。この光景はいつまで続くのでしょう。

ペン入力というのもあります。ペン入力が普及しないのは、キーボードから持ち替える手間があることかと思います。マウスだと、利き手は一度キーボードから手が離れ、マウスに手が動くわけですが、ペン入力の場合は、ペンを持つという動作が必要です。マウスに手を置くより、ペンをつかむ方が動作が多くなるのです。直接ディスプレイに触れるというタッチパネル方式も今後増えてくるかもしれません。今は、指で触れるのは面積が広くなるため、細かい操作ができません。それらが解決すれば、タッチパネルも現実的かもしれません。

考えてみると、WindowsやMacOSXのインターフェースも使いやすいのかどうか疑問です。メニューがあり、ツールアイコンがあり、ショートカットキーがあり、サイドバーがあったりと、いろいろな手段で機能をわかりやすく表現しようとしています。逆にいろいろな手段が用意されているということは、決定的に使いやすい方法が確立されていないということではないかと思います。

メニューもツールアイコンも、どちらかといえばソフト開発者側の立場で使いやすさを考えたものだと思います。機能をファイル操作や編集、検索、表示、ウインドウなどに分類してまとめてあります。しかし、目的の機能になかなかたどり着かないとよく言われます。用語が専門的だったり、なるべく表示を簡易的にするために、逆にどのような機能かがわかりづらくなっているものも多いです。

ハードウェア的にもソフトウェア的にも二次元的な操作性であるわけです。コマンドラインから命令を実行するインターフェースを一次元的と考えれば、ずいぶん進化したものです。キーボードにマウスなどのポインティングデバイスが加わったことで実現したともいえます。ただし、マウスからキーボードへ戻るときに、ホームポジションを確認するという動作が必要なのが難点です。

映画に登場するコンピュータは、空間に立体表示され、宙に浮いたファイルを素手で操作したりするシーンがあります。特殊なサングラスをかけ、手にセンサーを取り付けるなどして、その動きでバーチャルなディスプレイ上のオブジェクトを操作できたら、おもしろいインターフェースとなることでしょう。作業上の実用性は想像できませんが…。

ただ、マウスを使うようになって、一見便利そうに思えるのですが、作業時間は増えています。キーボード操作よりも一つの機能を呼び出すのにも時間を要しています。統一されていないショートカットキーは、ないに等しいものです。またキーボード操作を考慮していないソフトも多数あります。初心者にもわかりやすいインターフェースを作ろうとすると無駄が生じるのでしょう。

そうすると、次世代のインターフェースは、さらに作業時間が増えるのかもしれません。高いハードウェアの性能を要求し、今よりも誰にでもわかりやすいインターフェースが登場しても、同じ仕事をするために多くの時間を費やすことになるのかもしれません。Windowsの最近の進化は、無駄なエフェクトが増えて、まさにその傾向を示すものでしょう。

別の見方をすれば、インターフェースより結果の充実を求めてもいいのではないでしょうか。DOSからWindowsへ流れたのは、インターフェースの進化だけではなかったはずです。ソフト間のコピー&ペーストや充実したフォントが使用できることも魅力の一つ。表現力が増したことがDOSからWindowsへの移行を加速させたと思います。単に使い勝手の問題ではなかったはず。

しかし、過去に戻れないのは、今が便利になったということより、バージョンアップ後に過去のバージョンの不具合がそのまま放置されたり、新しいハードウェアに対応していなかったりしていることではないでしょうか。戻れないというより、戻ることができない状況が作られているような気がします。例えば、一太郎のバージョン3に戻ろうと思っても、大きすぎるハードディスクではATOK6は動作しないし、プリンタも使えないかもしれません。

たぶん、未来のパソコンはもっと便利になるのでしょう。それがユーザーにとって、わかりやすく、仕事の効率化ができるかどうかは技術者の手の中にあるのです。

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
情報
ツール