迷惑メールの文字化け

提供: TeaPot
移動: 案内, 検索

大量の迷惑メールが来ています。世界レベルの迷惑メールの送信元は、調査方法によって多少異なりますが、アメリカや中国からのものが多いそうです。

ところで、迷惑メールとして振り分けられたメールのタイトルをみると、英語のタイトルの中に、文字化けした日本語のメールも並んでいます。

なぜ文字化けするのでしょう? まるで、「このメールは迷惑メールなので、開かないでください」と教えてくれているようです。

まず、迷惑メールを大量に送信するのに、専用のソフトが必要になります。迷惑メールを防止するため、同時に送信できるメール数は制限されているので、時間差をおく必要があるのですが、その処理ができるソフトは、日本語に対応していないのだそうです。

それから、迷惑メールの送信元が、アメリカや中国が多いと書きましたが、この中には、日本国内から海外のメールサーバーを遠隔操作して、日本国内に向けて送信されているものも大量に含まれています。最近のサーバーは国際化されているので、文字化けの直接の原因ではないと予想されますが、送信する過程で文字化けする可能性はあると思います。

なお、WindowsにおまけでついてくるOutlook Expressでせっせと迷惑メールを送信している人もいるそうです。インターネットの世界では、Outlook Express自体が、迷惑メール生成ソフトとして、ひんしゅくをかっています。

それでも、国内の法律による規制、迷惑メールフィルタを備えたThunderbird(無料)の登場、さらに、迷惑メールの情報を自動で共有することで精度をあげているGmail(無料)の登場で、それほど迷惑とは感じなくなりました。

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
情報
ツール