CMS(コンテンツマネージメントシステム)

提供: TeaPot
移動: 案内, 検索

コンテンツマネージメントシステムは、記事を総括的に管理するシステムで、HTMLの知識がなくても、簡単にサイトの記事を追加・更新していけるシステムです。

通常、ページを作成するには、タグを使用してHTML文書を作成し、FTPによりアップロードをするという手順を踏まないといけません。トップページからのリンクも、自分で作成する必要があります。ホームページビルダーなどのソフトを使って、これらの作成と公開を半自動化することはできますが、基本的に1台のコンピュータからの操作となり、しかも、リンクを間違えて「リンク切れ」があったり、それぞれのページにナビゲーションのリンクを並べたりすると、一括更新が難しくなってしまいます。

一方CMSを使うと、掲示板サイトのように、どこからでも記事を書き込むことができ、しかも、HTMLの知識がほとんど不要になります。各ページのデザインは別に管理するので、一括してデザインを更新したり、ナビゲーションを並べておいても、その入れ替えは、一つのページを変更する手間以上にはなりません。

個人で使うCMSでポピュラーなのは、ブログです。新しい記事が常に上に配置され、最近投稿した記事のタイトル一覧も自動的に作成されます。記事を書くことに専念できるわけです。簡単すぎるため、誰でもブログを始め、多くのブログが濫立している状態です。互いの記事に関連性がなく、ただひたすら記事が並んでいる場合が多いです。設置型としては、MovableType やWordPress 、Nucleus などが有名です。また、ココログなどのブログサービスもたくさんあり、設置をするための知識も不要で気軽に始められるようになっています。

Wikiというのも手軽で人気のあるツールです。こちらは、単に時系列で並ぶブログと異なり、階層化されたサイトに適しています。既存のページにリンクを作成し、そのリンク先の記事を記述していくのが一般的な使い方です。従来のサイト構築に近い構造ともいえるでしょう。ただし、独特のWiki文法があり、ブログほど初心者に適しているものではありません。しかし、慣れるとその記号の意味するところで、プレーンなテキストでのみ記事を記述していくことができ、軽快さも魅力の一つとなっています。複数人で編集していくことも想定されていて、そのための機能も充実しています。日本では、PukiWiki が有名ですが、Wikipediaに使用されているMediaWiki も世界的には多く使われており、ドイツのDokuWiki も注目されているツールです。

さらに汎用CMSといわれるものもあります。 企業などのポータルサイトに使われるもので、上記の2つの特徴を混ぜたようなものです。企業のサイトでは、目的のカテゴリの記事を階層化して、アクセスしやすくすると同時に、新しいニュースも見やすい形でリンクがはられていたり、新着記事がトップページに並んでいたりします。ダウンロードのページがあったり、FAQのページがあったり、多種多様です。そんなニーズにも対応しています。個人でもXOOPS など、このタイプのCMSを使用している例がありますが、サイト内の構造をしっかり構築しないと、逆に迷路のようなサイトになってしまうので、注意が必要です。全体を見渡した管理者がいて、しっかりと管理していかないといけません。企業などでは専用に開発されたものを使っているようですが、中小企業や個人向けでMambooやJoomla なども人気があります。

その他にもSNS(ソーシャルネットワーキングサイト) もCMSに含めるようです。mixiなどの閉じた空間の付加価値が付いた掲示板サイトです。情報発信ツールというよりは、コミュニケーションツールなので、上記のものとは異質のものとなるでしょう。

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
情報
ツール