PDF作成サーバー

提供: TeaPot
移動: 案内, 検索

目次

フォルダを準備

  • /home/pdfを準備。その中に/home/pdf/bin、/home/pdf/workを準備する。
  • 「chmod -R 777 /home/pdf」を実行し、書き込みができるようにする。

実行ファイルを準備

  • 「vi /home/pdf/bin/pdfwrite」を実行し、実行ファイルを作成する。中身は、
#!/bin/bash
 
PS_FILE=$1
SMB_CLIENT=$2
USER_NAME=$3
JOB_NAME=$4
PDF_DIR=/home/pdf
WORK_DIR=${PDF_DIR}/work
OUT_DIR=/home/${USER_NAME}/dir/pdf
 
LOG_FILE=${WORK_DIR}/`basename ${PS_FILE}`.msg
PDF_FILE=${WORK_DIR}/${JOB_NAME}-`date +%y%m%d-%S`.pdf
 
mkdir ${OUT_DIR}
 
PS2PDF=/usr/bin/ps2pdf
 
${PS2PDF} ${PS_FILE} "${PDF_FILE}"
echo "PDF file was created." > ${LOG_FILE}
echo "File basename is : [${JOB_NAME}]" >> ${LOG_FILE}
echo "See pdf folder in your home drive." >> ${LOG_FILE}
cat ${LOG_FILE} | /usr/bin/smbclient -M ${SMB_CLIENT}
 
mv "${PDF_FILE}" ${OUT_DIR}
rm -f ${PS_FILE} ${LOG_FILE}

といった内容。

  • 「chmod 755 /home/pdf/bin/pdfwrite」で実行属性をつける。

sambaの設定

  • 「vi /etc/samba/smb.conf」で、sambaに仮想のプリンタを作成。
[PDF Maker]
        comment = Apple Color LW 12/660 PS
        path = /home/pdf/work
        guest ok = Yes
        printable = Yes
        printing = lprng
        print command = /home/pdf/bin/pdfwrite %s %m %u '%J' &
        use client driver = Yes
  • 「/etc/init.d/smb restart」で設定を有効化。

プリンタの登録

  • 自宅サーバーの中にPDF Makerというプリンタができます。カラーのPostScript対応のプリンタドライバを使用する。「Apple Color LeserWriter 12/660J PS」などが一般的。

(2007/05/27)

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
情報
ツール