Windowsが遅くなる理由

提供: TeaPot
移動: 案内, 検索

インストール直後は30秒以下で起動するのに、使っていくうちに2分近くかかるようになる。その理由は?

遅くなる原因

  • アプリケーションソフトをインストールする
    ソフトをインストールするといろいろなファイルをハードディスクにコピーします。
    特にMicrosoft Officeをインストールすると一気に遅くなります。
    • スタートメニューやデスクトップにショートカットを作成
      Windowsは起動するときにスタートメニューやデスクトップのショートカットから、「ショートカットキー」の設定を読み込みます。なので、インストールしているソフトが多ければ遅くなります。「ショートカットキー」なんて使っていない? といっても一応読み込み作業は行われます。
    • スタートアップやレジストリにWindows起動時に起動するものが入り込む
      Windows起動時にインターネットに接続し、バージョンアップ情報をチェックしたり、ファイルの関連づけをチェックしたりするソフトが起動する。
    • フォントが増える
      フォントが増えると起動が遅くなるようです。起動時にフォント情報を読み込んでいるのでしょう。Microsoft Officeはたくさんのフォントを追加します。
  • ドライバーをインストール
    周辺機器を接続したときに付属のディスクを使ってドライバーや付属ソフトをインストールします。このドライバーは周辺機器を接続していないときでも読み込まれ、待機しています。その分、メモリーを消費し、Windowsの起動にも影響を与えます。
  • ウイルスチェックやシステムチェック
    常時監視しているので当然システムに影響があります。ただし、Windowsの場合、ウイルスチェックを外すわけにはいかない。

メーカー品の場合

  • 最初からたくさんのソフトがインストールされている場合がある。
    購入してすぐに使えるようにいろいろなソフトがインストール済み。
    なので、使わないソフトはアンインストールする。
  • リカバリー
    Windowsのみをインストール(クリーンインストール)するためには、WindowsのインストールCDが必要になるが、リカバリーディスクしかついていない場合がある。
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
情報
ツール